IZUMI KAN

香りは人生にとって
必要不可欠な時間を
生み出している

着る/ WEAR

「かおりを着る」がコンセプト。
服を着るように、香りを着る。
まとう匂いは、その人の印象そのもの。

合わせやすい色・時間帯・ファッション。
好き嫌いだけではない、

「着ること」を考えて生み出された
新しいアプローチの香水。

詳細を読む
オンラインショップへ

そえる/ INTERIOR

「香りをそえる」をコンセプトにしたお香。
家具やインテリアを置くように、香りをそえる。
空間の印象は、匂いで変わる。

香りと合わせやすいインテリアや時間帯。
空間デザインの一部と香りを捉え、
「インテリア」として生み出された
新しいお香の考え方。

詳細を読む
オンラインショップへ

食べる/ EAT

「かおりを食べる」をコンセプトに
真空低温の製法で作った香りパウダー。

「食」に溢れている豊かな香りを味わえば、
日々の食事をもっと美味しく感じられる。
そんなきっかけになってほしい想いでつくったのが
'エディブル・フレグランス'です。

ちょっとした料理の香りづけや、
いつものお茶にブレンドするだけで、
さらに贅沢な時間が生まれます。

Comming Soon..
PRODUCER

和泉侃 IZUMI KAN

「感覚の蘇生」をコンセプトに、‘感じる’というプロセスを人の中に生み出す 時間 を作品とした創作活動を行う。また、その点から生まれる美しき循環に視点に置く。

3歳から始めた作曲、香りによる空間デザインの経験を背景に持ち、音と香りを基軸にした多角的な表現を用いてあらゆる感覚へのアクセスを試みる作品づくりに取り組む。

香りを主に用いたインスタレーション作品、舞台を用いた総合芸術作品のスタイルが特徴とされる。CWではファッションブランドなどの香水プロデュース、美容・化粧品のフレグランス開発を多く手掛けている。

2014年

インスタレーション作品「夜に想いを馳せる人」発表 (東京)

2015年

インスタレーション作品「さくら語り」発表 (東京)
総合芸術作品「はかぜ」発表 (横浜)

2016年

総合芸術作品(共作 / 柳元美香氏)「祝水」 発表(東京)
総合芸術作品「祝水」サントリーホール30周年記念作品 選出・発表(東京)
インスタレーション作品「小豆島のかおり 展」発表 (香川)
企画展「Waso維新 – 三嶋大社」出品(静岡)

2017年

鳳凰/総合芸術(東京・八芳園)

Contact

NAME
E-MAIL
TEL
INQUERY メディア/取材について・製品について製品仕入れについて返品/交換について店舗情報についてオリジナルフレグランス制作の依頼商品開発の依頼ご意見/ご指摘その他
MESSAGE

ページトップへ戻る